読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ニュースクラップタウン

私事で恐縮です。

4月28日 木曜日 フジロッ久(仮)超ライブツアー2016ファイナル

 

f:id:Vanity73:20160429092605j:image
 フジロッ久(仮)超ライブツアー2016ファイナル 於:渋谷WWW
 
ライブの写真やPVからきっと怖いに違いないと思っていたNATURE DANGER GANGは、予想通り冒頭から乱闘に近いダイブやモッシュで嵐のようなライブを繰り広げていた。しかし、目の前で巻き起こる意味の分かるような分からないような叫びや馬鹿みたいに脈絡のない動きの連続は純粋でなぜだか美しくて、あの狂騒に加わりたいとすら思いました。ステージ上にメンバーが並んだときのルックも抜群に格好良い。

オレたちは ひょうきんさ ふざけてる 

のフレーズに尽きる。
『生きてる』もとても良いですね。
 
フジロッ久(仮)のライブはこのライブを最後に脱退するキーボード丸山鮎子さんのインタビューとツアーのダイジェストで構成された映像からスタート。私はアルバム『超ライブ』から聴き始めて、ライブも今回が初めてだったのですが、これはなんというか、メモリアルな場に居合わせているという予感がひしひしと伝わってきた。
ホーン隊や春太郎(NDG)、野村(NDG)、中川理沙(ザ・なつやすみバンド)といったゲストボーカルを迎えたライブはどの曲もただただ素晴らしくハッピーでした。沢山のことを考えて考えて考えた上で吐き出されるシンプルな言葉も、それぞれの個性が複雑に重なり合って美しくひとつに響きあうキーボード、パーカッション、ドラム、ベース、トロンボーン、トランペット、サックス、慈しみや優しさやときには怒りのようなものまであらゆる感情を内包したような藤原さんのボーカルも、この人が言うならきっとそうに違いないと思わされる高橋さんの愚直なパッションも、全部が最高だ。
何よりも好きなのは、『ごはんのテーマ』に代表されるようなきちんと生活を送ること、その上で今日みたいな祭りを作ること、その尊さと喜びをとびきりキャッチーなメロディで歌ってくれること。『ドゥワチャライ久』のフレーズにも何度も何度も励まされています。

プロテストはプロテクト

インディペンデント それがヒント

 

自分は自分で守らないと

恋と愛と音楽と友情で

 

 
フロアで多発するダイブやモッシュも、こんな最高な音楽の前では、こうするしかないじゃないか!というどうしようもない興奮に溢れていて感動的ですらあった。アンコールの『ライブ』が終わったあと、客席から響いた「もう一回!」「最初から!」という声に私もおんなじ気持ち!と頷いた。それに対する藤原さんの「身体もたないでしょ。一緒にいるのはできるから、もっとチャーハンとかも一緒に食べようよ」という旨の言葉もグッときました。チャーハンってところが良いよね。
この空間の中にいて、藤原さんが

dayz.today

で書いていて印象に残っていた言葉を思い出しました。

わからないのに、きみとぼくがおなじうたを好きだなんて、なんという奇跡でアドベンチャーでロマンチックだろうかと思います。そして、おなじうたを好きな同士が集まれば、そんなの当然でしょ!としか思わない。そういう人のことは、ともにこの世を駆け巡る仲間のようだと感じます。

 
軟弱な私もWWWの二段目から大人しく少しだけ跳ねながら、興奮を抱えてワナワナと震えた。鮎子さんの脱退やシマダボーイが正式メンバーでなくなること、これからしばらくライブはないことなど、今日初めてこんな素晴らしいライブを見て、これは最初で最後なのだということも噛み締めながら。