ニュースクラップタウン

私事で恐縮です。

ご自愛ください

映画は好きですか?(私はあなたが好きです)

テレビは好きですか?(私はあなたが好きです)

どんな音楽が好きですか?(私はあなたみたいな人が好きです)

好きな本は何ですか?(私はあなたのことが好きです)

好きな食べ物は何ですか?(私が好きなのはあなたです)

お休みの日は何をしますか?(私はあなたを好きでいます)

 

へえ、そうなんですね(私はいま気が狂っています)

f:id:Vanity73:20170704001630j:image

焦がれる人よ窓のむこうに

f:id:Vanity73:20170701172413j:image

近頃は覚えておきたいことが多すぎて、毎日書いている日記がどんどん長くなる。今日話したこと、楽しかったこと、嬉しかったこと、笑ったこと、後悔したこと、反省したことぜんぶ忘れたくなくて帰りの電車で反芻して寝る前に書いてみるけど、細かいニュアンスはどうしても残せない。それでも、たとえば一年後に読み返してこのときの気持ちを少しでも思い出せれば上出来だ。以前は毎日何かしら書き込んでいたTwitterを使わなくなって久しい。とはいってもタイムラインは毎日読んでいるので使ってはいるのですが。先日の『ゴッドタン』ケンカ&ダンス、最初は意味不明で面白いなと見ていたけれど、ふと「もしかしてこれはLA LA LANDなのか?」と思い至ったときなんかは、すぐさまTwitterに書きたくなる。けれどもそれはやめて日記なりブログに書くようになった。深い意味はないし、スピードが売りのインターネットでは致命的な時差を生んでいるけど、このくらいのテンポと距離感も悪くないかなと思っている。それから、帰り道に前髪みたいな模様のある可愛い猫をみつけて写真を撮ったとき、髪型が似ている人の顔が浮かんだから似てる猫がいたよといますぐ送りたくなったけど、暗くて写りも良くないし流石にリアクションに困るだろうなと思ってやめた。こうして言いたいことを頭の中で考えているうちにだんだんと自分と会話をしている感覚になっていく。これはまさしく、tofubeatsが『BABY』で言い当てた感覚と似ている気がする。結局、私の感情や考えは私だけのものだし、誰かに伝えたいだなんて押しつけがましいにも程がある。でも誰かに聞いてほしい。伝えることは諦めて、誰かに読んでもらえることを期待してそっと置いている。さっきから、誰かって誰だろう。

ずっとさ 自分としゃべってる
気分でいつも暮らしてるから
人はさ 難しいこと言う
どこまで 応えられてるのかな
どこか遠くに行きたいけれど
なぜか行けないのさ


tofubeats / トーフビーツ -「BABY」

 

  f:id:Vanity73:20170622165334j:image

6月22日、Bunkamuraザ・ミュージアムにて『ソール・ライター展』を観賞。ファッション誌Harper's BAZAARのための写真の頃からの特徴だった鏡やガラス、障害物越しの構図がどんどんエスカレートしていくの面白かったな。画角からほとんどはみ出している赤い傘は、気付いた時には過ぎ去っていく時間を感じさせる。あっという間に目の前を通り過ぎていく瞬間を捉える、というよりもカメラを向ければ自ずとそこに瞬間が写り込むのだということか。印象に残る風景というのは鮮烈なものばかりではなく、案外ぼんやりとしているかもしれないな、と彼の写真を眺めながら思った。ぼんやりと思い出されるいつかのどこかの瞬間。本来ならば写るはずのないであろうものがいくつも写真に収められていて感動してしまった。

f:id:Vanity73:20170622213121j:image

渋谷から横浜へ移動して中華街の状元郷でルーロー飯を食べた。台湾は憧れの地ではあるのですが、八角の匂いがどうも苦手で食が合わないかもしれないなあと思っていたけれどお店で食べたものは大丈夫だった。あと、エビとたけのこをライスペーパーで包んで揚げた春巻きみたいなのが大変美味しかった。エビはぷりぷり、たけのこはとろとろ、ほんのりと甘い。また食べたいなー

f:id:Vanity73:20170622213129j:image

KAAT大スタジオにてサンプル『ブリッジ』を観劇。劇団としての活動を休止する前の最後の公演とのことで。私は初サンプルでした。とても面白かった。モツ宇宙(コスモ)とか言ってるのでとんちんかんな芝居かと思って臨むと、意外とまともというか、人間の脆い部分をえぐられるお話だった。講演のように客席に語りかける形で進むので、見ているうちにまんまと自分まで参加させられて傍観から内部に入っていきそうになる危うさすらある。スピリチュアルなものに対してこれは本当なの?嘘なの?と判断しそうになる時点でもうダメなんだよな。宗教に限らず、何かから弾かれた人同士が集まっても、またその中で軋轢は生まれるし、誰かが弾かれてしまう無常観。我々はどこへいくのか…とラストでは呆然としてしまった。側からみたらバカみたいだけど、当事者たちは真剣なんだよなというざわざわする気持ちを巻き起こす、過剰や過激には感じないけど超ヤバい演出の数々もとても良かったな。古舘寛治さんは完全にスターだったし、『ひよっこ』の松下さんこと奥田洋平さんも素晴らしくて良い役者さんの揃っている劇団だったのだなー今後の変態活動も楽しみにしております。

 

#losapsontshirtsfair #LosApsonTfair

@videotapemusicがシェアした投稿 -

6月23日、恵比寿KATAのロスアプソンTシャツフェアにてVIDEOTAPEMUSICの熱海温泉Tシャツを購入。グレーも風合いと文字がぴったりで迷ったのですが、汗が目立ちそうなので白にしました。スコーンと空が抜けるような晴天の日に着て出かけたい。今年の夏は白いTシャツを着こなす女になってみせる…

f:id:Vanity73:20170701175335j:image

ユーロスペースにてエドワード・ヤン監督『台北トーリー』を鑑賞。これを観にきたといっても過言ではない、フジカラーのネオンをバックにしたシーンがやはり出色。静かに進んでいくストーリーや叙情的な映像の中に、死の匂いがいつもどこかに漂っているのが不思議だ。これと『牯嶺街少年殺人事件』しか見たことないけど、私の求めるネオンの灯りと陰影は、すべてエドワード・ヤンの映画の中にあるのではないかとすら思ってしまうな。ホウ・シャオシェン時任三郎萩原聖人鈴木一真のグラデーションなので見ていて飽きない。

f:id:Vanity73:20170623213311j:image

夜は伝承ホールにてザ・プーチンズのワンマンライブ『ぷ道館』へ。正直「ナニコレ」推しにはもう飽きているので迷ったけれど、予想もつかないようなものが見れるんじゃないかという期待があって結局足を運んでしまう。昨年と構成やネタもあまり変わっていなかったけれど、マチコさんがメインボーカルをとった新曲「いきなりテルミン」がとても好きでした。客同士で合コンさせたり客を連れ去って寿司にしたり、よくわからん暗い箱に入れられるよりもずっとエキサイティングでクレイジーで最高に楽しい所業の数々はやはりすごかった。

往復書簡 初恋と不倫

往復書簡 初恋と不倫

 

6月28日、坂元裕二の朗読劇「不帰の初恋、海老名SA」「カラシニコフ不倫海峡」を書籍化した『往復書簡 初恋と不倫』を読んだ。めちゃくちゃ面白かったです。お得意の手紙とメールのやりとりのみで、ドラマティックな展開をみせる筆致に打ちひしがれる。言葉のみで想像させる朗読を生かして突拍子もないドラマを描いていて、エキセントリックな物語にも普遍的な恋物語にも読めるところが素敵だ。映像や演劇ではできない面白さが詰まっている。どちらも女性のキャラクターがどことなく村田沙耶香的なのが新鮮だったな。好きな箇所をあげればキリがないけれど、「カラシニコフ不倫海峡」の別々に同じ場所へ行くデートとか読んでいて手に力が入りました。それから、「不帰の初恋、海老名SA」での『カルテット』8話のすずめちゃんの台詞を思い出させる一節にも胸が熱くなった。

君がいてもいなくても、日常の中でいつも君が好きでした。

電車で読んでいたのですが、変なスイッチが入ってしまったのか人目も憚らずにぼろぼろ泣いてしまった。ぜひとも再演してほしいな〜高橋一生×酒井若菜、三浦誠己×中村優子が見たいっす。

f:id:Vanity73:20170629235526j:image

6月29日、アトリエヘリコプターにて玉田企画『今が、オールタイムベスト』を観劇。冒頭から、玉田真也演じる中学生の屈折していて卑屈な喋り方にぐっと心を掴まれ夢中になって見た。いるいる、あるあるという人物とシーンの連続なんだけれども、それだけで終わらない切なさも描かれていて面白い。こういう思春期の自意識や、人間関係の気まずさを扱ったものは何かと内省的だったり内向きのエネルギーが強い印象だけれども玉田企画は的確に笑いを生んでいて開かれた雰囲気があるなあと思った。でもきちんと胸が痛む。身に覚えがありすぎて古傷をつつかれるけれど、それもなんだかクセになる。役者さんもみな素晴らしくてポップ。宮崎吐夢演じる父親、イケイケっぽいけど口調や仕草の端々に息子との類似を感じさせる部分があってたまらない気持ちになったな。あと、神谷圭介演じるウェディングプランナー川島の悪気のなさ空気の読めなさとか気遣いが下手で裏目に出てしまうのとかがいたたまれなくて、愛おしすぎた。乾杯の前に先にビール飲んじゃう感じとか、わかるわかるわかるわかると首を縦に振って同意したい気持ちになる。

7月1日、映画の日なので近所のシネコンで西谷弘監督『昼顔』を鑑賞。思い返してみると半分くらい手に汗を握って観ていた。サスペンスホラーラブロマンス。北野先生(斎藤工)の講演に行くためにお洒落をしたけれど、鏡を一瞥して普段着に着替える紗和(上戸彩)だけでもうグッときてしまったな。しかも、黒いヒールから履き替えた白いスニーカーで疾走するのだから。彼女を死へ導く黒いヒールを脱がすのはきっと神様ってやつだ。2人が疾走しながらすれ違うシーンのカメラとか凄くて、橋の下からぐるんと視界が回ったときには度肝を抜かれてしまった。乃里子(伊藤歩)情念のカーチェイスも大変にヤバい。私はこういうお話も好きな方ですが、それを抜きにしても映像と音だけで魅せていく力に溢れていたな。蛍の幼虫を探すだけのデートとか、バスの窓に待ち合わせの日時を書くシーンとかちょっと堪らないものがありました。繊細な反復を繰り返しながら辿り着く上戸彩のラストシーンも凄まじい。予告で電車の窓越しに見つめ合うシーンを観たときになんとなくドラマ『高校教師』(1993)を連想したのですが、シチュエーションやシークエンスは違えど2人の心が通う空気の描かれ方が似ていてそりゃあ大好きだわと思いました。立場だけ見ればインモラルだけど、その実はとても幼くて純粋な愛、というのに弱すぎる。というか、インモラルなんてのは理屈抜きの純粋な愛を描くための要素に過ぎないなと改めて思う。とても面白かったし、とても好きな映画です。

f:id:Vanity73:20170702041739j:image

気付いたら7月のお出ましだ。7月というと、1年の半分であり夏のはじめの月で特別なような気がするけれど、梅雨がぐずぐずと居座ったままいつもはっきりしない印象のはじまりだ。ことしも半分が経過して、私はいまのアルバイトをはじめて3ヶ月になる。右と左どころか前も後ろも分らなかった4月が遠い遠い昔のように感じる。まだまだ出来ないことだらけだけれど、前日の夜も当日の朝も仕事へ行くのがまったく苦痛じゃない嬉しさを噛み締め続けています。これが永遠ならいいのに。ずっとこのままがいいよ。さて、7月といえばあの季節です。今年もテレビ東京午後のロードショー、サメ特集の季節がやって参りました。最新作の放送へ向けて『シャークネード』シリーズに絞った潔いラインナップ。こうなるとなぜ1から4週じゃなくて、2、3、最新作、ジョーズ4なんだと思ってしまうわけですが、それもご愛嬌ですね。でもやっぱり1作目の衝撃は忘れられないな。夏休みになんとなく見ていた午後ローで味わう衝撃として、これ以上のものはない。シャークネードあるし、今年の夏も絶対たのしいに違いないって思います。

雨の日は饒舌

f:id:Vanity73:20170611191202j:image

以前はまったく興味のなかったものや、どちらかといえば苦手だったものを美味しいと感じることが増えた。ここ最近は空前の茄子ブームで、特に揚げ浸しが美味しくてたまらない。できたての温かいものはふんわりと出汁が香って美味しいし、一晩冷蔵庫で冷やすと身も味もきゅっと締まって更に美味しい。昔は茄子のぶにゅっとした食感が苦手で、祖母の家のカレーや味噌汁に入っているとあまり嬉しくなかったものだけれど、今は揚げ浸しや麻婆茄子以外にもどう食べたら美味しいのかをもっと知りたい。角切りの人参、玉ねぎ、ズッキーニと一緒に炒めてカレーにのせてもとっても美味しい。特にこれといったきっかけはなく、気付けば好むようになったものが多くて、これは年齢を重ねたことによるのだろうか。コーヒーも気付けばブラックで飲めるようになっていた。変化というよりも、好みの幅が広がったと表現した方がしっくりとくるだろうか。少し前だったら好きにはなっていないだろう、ということは食べ物に限らず音楽や映画なんかでもあって、この先も色んなものを好きになったり、どうでもよくなったりするんだろう。私は結局何も好きじゃないのではないかという気持ちになるときもあるけれど、なるべく愛したい。

 f:id:Vanity73:20170612211446j:image

アルバイトの帰りに丸の内の丸善ジブリの小冊子『熱風』を貰ってきた。大手町の駅はいつも乗り換えで使っているのに、丸善があることをはじめて知る。そういえば、よみうり大手町ホールでのシティボーイズの公演日程、どうして月火水なんでしょう。週末ではなく週はじめの平日のみってとても珍しいような気がする。私は時間が合わず見にいけませんでしたが、十数年ぶりの三木聡によるシティボーイズのコント、どうだったんだろう。「仕事の前にシンナーを吸うな」ってタイトルから最高だもんな。

『熱風』掲載の坂元裕二のロングインタビューは読み応えがたっぷりあって、これが無料でいいのか…というくらい。脚本の書き方やドラマへの考え方がとても興味深い。『カルテット』3話は当初、すずめちゃんに起こったことを他の3人はまったく知らずに終わるというプロットだったというのも面白くて、それはそれで見てみたいけれど書き換わったことであの蕎麦屋でのシーンが生まれたことを考えるとプロデューサーの目線って大事だな、とも思うのだった。

f:id:Vanity73:20170615204323j:image

晴れたので、GINZA SIXを中心に銀座へ物見遊山に出かける。以前友人が「好きそう」と写真を送ってくれたことのある草間彌生のバルーンは、入った瞬間に見上げずにはいられない存在感。階を上がっていくと次第にバルーンと同じ目線、そして見下ろす形になって、建物がひとつの塔のようだった。建物も入っているお店もラグジュアリーとカジュアルが同居していて確かにすごい施設だ。ナタリーのインタビューで椎名林檎

ドラマへの愛は最終回の熱海へ向かう車中の歌唱シーンで十分昇華されたんですけど、このG SIX(GINZA SIX。4月に東京・銀座にオープンした複合施設)のCM音楽をご依頼いただいたとき、さんざんキャスティングへ物申しましたよね。「カルテットのあの4人を銀座へそろえるべし! 広告がより早く長く効くはずだ!」と。

と言っていて面白かったですけれど、アウトレットをみる巻さんとすずめちゃんのように「見るだけ見るだけ」という気持ちで楽しんだ。なんだか最近また『カルテット』のことばかり考えているな。

f:id:Vanity73:20170615205629j:image

高円寺で水たばこをはじめて経験した。母が喫煙者なので煙草は身近にあるけれど吸おうと思ったことは一度もなく、この機会にと普通の煙草もひとくち貰ってみたら喉の奥に線香花火を薫せたような香りがして意外と悪くないなと思った。おとなになった気分。お店の人のおすすめにしたがってピーチティーのフレーバーを作ってもらう。慣れてくると楽しいもので、調子にのってぷかぷかしていたら頭が少しくらくらとした。リラックスしすぎて余計なことまで言ってしまったけれど、煙と一緒に消えていったはずだ。銀座から水たばこまで、少し浮世離れした場所ばかり巡っていたので、帰りの電車ではずっと夢から醒めたあとのような気分でいた。くらくらしちゃうね。

f:id:Vanity73:20170616091547j:image

一年に一回ほど、寝付けずに朝を迎えてしまう日がある。たぶん舞い上がって気持ちが昂って眠れない、という始末。すごく楽しかったことが終わるとその倍さみしくなるから、ずっと少しずつさみしい状態でいた方が心に波風が立たなくて平穏に過ごせるんじゃないかと思った。あまりにも副作用が大きすぎる。そうしたいという気持ちと、それじゃ嫌だという気持ちが交互にやってきて、半ば眠ることは諦めていた。きっと今日はずっと夢の中にいたから、その代わりにもう眠ってはいけないのだ。だってそうだ、私はお昼に<デートの夢は永い眠りで観ようか>と歌う歌を聞いていた。radikoで流していたおぎやはぎのメガネびいきが終わってから携帯はなるべく触らないでうつ伏せになってみたり横を向いてみたりあっちへごろごろ、こっちへごろごろ夜を過ごす。そして窓の外が明るくなるころに瞼が重たくなってくる。朝日の眩しさはもうすでに夏のそれで、ようやく訪れた眠気をさらっていこうとする憎い奴。何もせず横になっていれば少しは身体も休まるだろうとは思いつつ、起き上がるといつにも増してズシンと重たい。頭もぼんやりとする。休日なので別に問題はないけれど、この日は昼過ぎに美容院の予約をしていて駅まで自転車で向かうつもりだった。けれど晴天の中、寝不足で30分自転車をこげば体調を崩すのは目に見えていて、ちょうど終わる時間帯に雨マークがついているのも気になっていたからバスを使うことにする。昨夜からずっと少しだけ胸がどきどきしていて、やばいなー恋かなーって思っていたんですけど、美容院に入る前に動悸が早くなったので苦手意識のある美容院に緊張していただけでした。ネットから予約したはじめていく美容院は雑談も少なめで雰囲気も悪くなかったけれど、仕上がりがなんとなく雑のような気がしてもう行かないかな。鎖骨あたりまで伸びていた髪を顎のラインで切り揃えて襟足を少しだけ刈り上げてもらった。悪くないと思う。

f:id:Vanity73:20170617214412j:image

法事で両親が家を空けるため、自分で料理を作ってみようと思い立った。冒頭でさも料理をしてそうな口ぶりで茄子への愛を語ってみたけれど、中学校の調理実習以来、料理らしい料理はしていない。難しい手順や味付けは避けて、しいたけの肉詰めとピーマンの揚げ浸しとじゃがいものきんぴらを見よう見まねで作ってみたけれど、美味しくも不味くもなくて虚しい気持ちになった。みりんと醤油を目分量で突っ込んでるからそりゃ当たり前の結果なのですが、こういうときに自分のガサツさを思い知らされる。じゃがいもを切るのに1時間くらいかかった。たまに自分で家事をすると、私は生活というものをこれまでしてこなかったのだと恥ずかしい気持ちになる。料理も洗濯も掃除もやっていたら余計なことを考える暇なく1日が過ぎていく。これからは生活をしたい。生活をしりたい。結局雨は降らなかったけれど、キッチンの窓を開けていたら遠くから雷の音が聞こえて、夏が来るな、と思った。

いとおしき

f:id:Vanity73:20170601221131j:image

毎日暑い暑いと過ごしてきたら、こんどは梅雨が待ち構えている。湿気の多い日の汗は、身体中に水の膜が張るようで歩いていると溺れていくような心地悪さがある。バイト先に着く頃には顔もべたべたで、汗のにおいも取りきれないような気がしてそわそわしてしまう。肌も髪も、常にお風呂上がりの綺麗な状態でいれたらいいのにと思うたびに、その綺麗な状態を見せられる親密な関係が羨ましくなる。わたしはその親密さに辿りつくことなんてこの先あるのだろうか、と気が遠くなりながら今日も汗をかく。銭湯とか、サウナとか行けばいいのかも。

f:id:Vanity73:20170601184635j:image

6月1日、シアターウエストにて吉田大八作・演出『クヒオ大佐の妻』を観劇。宮沢りえ岩井秀人、川面千晶、水澤紳吾という座組に観る前からかなりわくわくしていて、実際にとても良かった。地に足を着けつつ、徐々に噛み合わなくなる歯がゆさ。きちんと大きめの笑いが起こる間合いに岩井さんの凄さを感じる。宮沢りえ演じる大佐の妻の台詞回しの過剰さや歪さは、この芝居の描かれ方そのもののようでもあり、これは良いのか?良くないのか?どうなんだ。わからない。さも共通認識のように語られる米国に対するコンプレックスや、最後の仰々しい演出はめちゃくちゃ気持ち悪いなーという印象なのですが、その過剰さを誇大妄想とも笑えない居心地の悪さがあった。

f:id:Vanity73:20170601221117j:image

タカセグリルでオムライスを食べた。池袋駅前が一望できるナイスロケーション。17時という夕食にはまだ早い時間だったので客は私ともう一組だけで、とても居心地が良かった。池袋はタカセ、伯爵、MilkyWayとよい喫茶店が色々あるのでいつもどこへ行くか迷ってしまうのですが、次はカフェ・ド・巴里へ行きたい。

f:id:Vanity73:20170601223824j:image

f:id:Vanity73:20170601221102j:image 

夜は赤坂RED/THEATERにてシベリア少女鉄道vol.28『たとえば君がそれを愛と呼べば、僕はまたひとつ罪を犯す。』を観劇。面白かった!バカだなあ。あのさも物語然としたシーンが、ぶっ壊すためだけに積み上げられたのかと思うと感動すら覚える。壊しつつまた作るというとんでもない技が繰り広げられていて興奮しきりの後半でした。シベリア少女鉄道の名前はよく聞くものの観たことがなくて、今回はいつ高シリーズ(ロロ)の楽こと大石将弘さんが出ているので足を運んだのですが、観に来て良かった。このきっかけを待っていた!

ナカゴー、木ノ下歌舞伎、イキウメと評判を聞いてから気になりだしてももう観に行ける日がないということが続いてアンテナを張り直さなければというお気持ちもあって今回はじめてみる劇団に挑戦してみたのですが、こうも面白いともっと色んなところを観に行こうという気持ちになれて良いな。

f:id:Vanity73:20170602165149j:image

高校生までは辛うじて体育の授業があったのでまだ大丈夫だったのですが、卒業以来まったく運動をしなくなり、好きなように間食をしていたらじわりじわりと体重が増え続け、もう無視できないレベルに達してしまった。今年に入ってから3回ほど電車で席を譲られそうになることがあり、みるからに体調が悪いわけでもないのになぜだろうと思っていたのですが、これは、おそらく、つまり、私が長年かけて蓄えた脂肪と贅肉が、新しい生命に見えているようなのです。それしか考えられない。これはまずい。残酷だけど、君とはお別れだ。

と、いうわけで意を決して駅前のジムに体験へ行った。色々と詳しく案内されるのかと思いきや基本的にご自由にどうぞというスタイルで、結構気が楽だ。とはいえまったくの素人なのでマシンの使い方を教えてもらいながらなんとなーく運動してみるとなかなか良いかもしれない。自由に参加できるスタジオではちょうどボクシングの動きを取り入れたレッスンがはじまるところで、茶髪・ムキムキ・ピタピタのタンクトップのインストラクターに対する恐怖と好奇心におされて参加。平日の昼間なので周りは年配の方が多くて、ダンスミュージックがガンガンにかかるなか冷静になると私は何をトチ狂ったことを…と頭を抱えそうになったけれど確かに良い運動になる。例えばこれが体育の授業だったらやらされているというスタンスでヘラヘラしていればやり過ごせるんだけれども、自ら望んでこの場にいるのに振り切れないという一番格好の悪い状況に陥ってしまった。恥、かき捨てていこうな。30分間テンションと利用者へのホスピタリティを保つインストラクター、素直にすごいと思う。でも次はヨガにします……。自意識にダメージを与えてしまったので今日はこのあたりにして、軽くお風呂とサウナに入って終えました。

運動ならお金を払わなくてもできるのでは?とも思うけれど、わたしのような怠惰な人間にそれは無理だし、そう思い続けた結果がこの体たらく。決して安くはないお金を出せば、もとをとらねばと頑張れる気がする。他にもいくつか見にいって来月に決めよう。帰りに自転車に乗っていたら、駅の近くでオレンジの外壁にジャイアンツのロゴマークを施したクールな民家を発見してなんだか得した気分になりました。

 

そこで「目抜き通り」の歌詞を読み直していただきたい。あれ、実は“カルテット~その後~”という体で書いたんです。

という椎名林檎のインタビューでの発言を受けて、

デートの夢は永い眠りで観ようか

と歌う『目抜き通り』を聴いていたら『カルテット』の8話が観たくなって、見返してたまらない気持ちになって号泣してしまった。真っ白なお洋服に真っ赤な靴をはいたすずめちゃんの姿だけで涙が出るほど可愛い。ドラマが終わって少し経ったけれど、観るたびに好きになる。あと、私いま好きな人がいるんですけど、別に付き合いたいとかそういうわけじゃなくてただ好きという状態で、自分の気持ちに対する答えもすずめちゃんの台詞にぜんぶあった。 

好きだってこと忘れるくらいいつも好きです

いつか好きってことだけ伝えたいかもしれないけれど、きっと私は「冗談です」って言うと思う。最初から物語に移入や共感を求めることはしないけれど、ふと自分自身に接続する瞬間や探していた言葉に出会うことがある。ずっと頭のまわりをふわふわしていた感情がこんなにも鮮やかにドラマに書き起こされていて、坂元裕二先生への心酔がまた改めて深まってしまう。是枝裕和とのトークショー、めちゃめちゃ行きたいけれどその日はアルバイトなんだよな。

 

不慮の事故で死ぬならいまがいい、というくらいに気分が沈む。思い浮かべるだけで幸せになれるテレビや音楽、楽しみで仕方のない舞台やライブに対する感情が希薄になってしまうことがひと月に一度ほどあって、そういうときにはこんなことばかり考える。いつもなら流してしまえる些細な失敗に支配されたり。もし突然死ぬなら幸せな状態で、とも思うけれどそれでは未練が残りそうではないか。気分も沈んで人生がどうでもいいときに事故にあったりしたら、案外ラッキーと思えるんじゃないか。こんな気分なので、折角のお休みを1日ごろごろして潰してしまった。けれど、やっぱり、そんなときでも美しいものは美しい。可愛いものは可愛い。愛おしいものは愛おしい。


MONDO GROSSO / ラビリンス

 


スチャダラパーとEGO-WRAPPIN' "ミクロボーイとマクロガール"(Official Music Video)

5月の与太話

f:id:Vanity73:20170515103116j:plain

寝ても寝ても眠い。アルバイトがお昼からなので朝は余裕があるのだけれど、目が覚めても布団の中でごろごろしているとあっという間に支度の時間がきてしまう。あと1時間早く布団から出ればリビングで録画してあるテレビも見れるし髪も巻けるし、もっと頑張ればもしかしたらバイト前に美術館や映画館に行くことだってできるんだけど、なかなかどうしてそうはいかない。夜も日付が変わる前には布団に入れるし、最近は寝つきもいい。けれど、二度寝の誘惑と気持ちよさには抗えない。『ひよっこ』は9時ごろに朝ごはんを食べながら録画を見ているのだ。涙がこぼれ落ちる寸前、という良さが毎日続いている。乙女たち、ご安全に…。あと、焼き芋屋さん、シューマイだ!そんなシューマイこと新名基浩さんもキュートな役で出演した『デリバリーお姉さんNEO』をGyaoで観るのが楽しみなので水曜日の朝は目覚めがいい。予告編からすでに名作の予感を放ちまくっていた第3話、ロロ全開!で最高だったな。亀島さんって、具体的に誰とは思い出せないけど学生の頃おなじクラスにこんな奴いたなってみんなが思ってそう。

 

5月に入ってからというもの毎週のように衝撃映像を放ち話題をかっさらっているテレビ朝日の『陸海空 こんな時間に地球征服するなんて』、私も目撃しましてすっかり友寄Dに夢中になってしまった。毎週楽しみにしている番組ではなくて歯磨きでもしながらなんとなく観ていた番組でこんな映像が出てきた衝撃といったら。このディレクターちょっと真田広之に似ている(くるり岸田繁にも似ている)けれど何か変わったひとだな、と思っていたらあの真っ黒事件ですよ。謎の木の実やら濁った川から釣ったばかりの魚やら本当になんでも食べるので舌がイカれているのかと思いきや、およそ日本人の口には合いそうもない部族の料理を美味しそうにレポートする表現力をみるとそうではないらしい。「ありがてえ ここにきて美容ありがてえ」と言いながら刺青や染物の原料となる植物をそうとは知らずに顔と体に塗りたくり(少しも警戒しないところがまた彼の凄いところだ)、信じられないほど真っ黒になってもなお陽気にラッツ&スターを歌う姿にこの人はおかしい…と思う一方で、ナレーションで入る日記の文章から垣間見える現地の人々や生活への眼差し、取材の姿勢はとても思慮深くて偏見がなくて人としての魅力に溢れている。見ているうちにぐいぐいと引き込まれて、気付けば友寄Dの虜になってしまった。ついに『クレイジージャーニー』の対抗馬あらわる、といった感もあり。

 f:id:Vanity73:20170601224311j:image

レコードストアデイが何なのかいまいち把握しないままぼーっとしていたら売り切れ情報しか入らなくなってしまったEnjoy Music Clubの『100%未来 feat.三浦直之(ロロ)/そんな夜』7インチ、second royal recordsの通販で無事にゲットすることができた。はやくプレイヤーを買って聞きたいけれど、今月もチケットにお金を使ってしまったので来月までおあずけだな。でも、いいんです。ライナーノーツが読めるよろこび!実際に手にしてみると思ったよりも大きくてページ数もあって、デザインも可愛くて見ているだけで顔がほころんでしまう。『青春ゾンビ』の文章を読んでいると目頭があつくなることが何度もあって、それはレビューされている映画やドラマを思い出してというのもあるんだけど、文章そのものというか、文章に込められた愛にグッとくる瞬間が何度もある。作品へのラブレターみたいだな、といつも思います。

現在のアルバイトでのはじめてのお給料が出たので、お休みの日に買い物に行った。今月分のコンタクトレンズとあたらしい靴とデルフォニックス×永井博のポーチ。あとは商店街にあるレンタル落ちのCDやDVDを置いているお店で椎名林檎『日出処』を買った。デルフォニックスと永井博のコラボシリーズ、以前出たものも迷いに迷ってサンセット柄のメモ帳にしたのに今回は更に展開が広がっていて悩ましい。ちょうど大判のポーチを探していたのでうってつけのラインナップだったのですが、今回もリゾート柄かトワイライト柄か家でも店頭でもにらめっこしてリゾート柄のLを選んだ。好みはトワイライトだけど、やっぱりプールも捨てがたい。部屋で袋から出してみてもやっぱり可愛くて、これを鞄に入れて出勤することにわくわくしている。

f:id:Vanity73:20170520215312j:image

5月19日、以前店頭で見かけた靴を求めて浅草へ行ったら三社祭の期間中だった。金曜日は本格的なお祭りというわけではないようでそこまで混雑はしていなくて、祭りがはじまる雰囲気を味わうにはもってこいのちょうど良さ。三社祭だと知っていたら混雑を避けて来ることはなかっただろうから、思いがけず遭遇したお祭りがうれしい。

f:id:Vanity73:20170520215650j:image

念願の喫茶天国でホットケーキを食べた。なにかととろとろふわふわがもてはやされる昨今においてはまさに硬派のしっかりとした焼き具合。トレードマークの焼印と正方形のバターの佇まいもクールだ。美味しかったです。

5月26日、TOKYO CULTUART BY BEAMSへJUN "JxJx" SAITO +VIDEOTAPEMUSICのライブを見にいった。神宮前には何個かBEAMSが並んでいて、ここだろうとは思いつつ入るのに躊躇してお店の前を何往復かしてしまった。お洒落とは一生無縁の人生だ。ALOHA GOT SOULの来日イベントということで、「ハワイ航路」(VIDEOTAPEMUSIC)や「Palm Tree」(YOUR SONG IS GOOD)などトロピカルな選曲。ゆったりとした雰囲気のライブで心地よかったです。VIDEOさんのピアニカで聞くユアソン、よい趣があったのでがっつりとしたコラボレーションも聞いてみたい。

f:id:Vanity73:20170527211626j:image

お腹が空いたので上野で下車してコーヒーショップギャランでボルシチとアイスコーヒー。喫茶店で食べる洋食がこの世でいちばん好きな食事かもしれない。ギャランは初めて訪れたのですが、店内のギラギラな照明とクリスタルキング「大都会」やTHE ALFEE「メリーアン」といったBGMの俗っぽさが妙に心地よいところでした。ネオンでも眺めに仲町通りを流そうかと思ったけれど、尋常じゃない数の黒服に怖気付いて諦めて大人しく帰宅。プレミアムフライデー

 f:id:Vanity73:20170528200044j:image

5月28日、渋谷クアトロにてO.L.H.(a.k.a. 面影ラッキーホール)創立25周年大感謝祭〜四半世紀の風雪ながれ旅〜。バイト終わりに駆けつけたので中盤の「おんなの線路票」から。この先二度と訪れないであろうこまどり姉妹を見るチャンスを逃したのは残念ではありますが、やっぱりO.L.H.のライブは最高。しゃにむに踊った。きょうの「ピロウトークタガログ語」はなんだか切なさ増し増しでとても良かったなあ。MCではパフィーニップルという新たな知識を得ました。歌唱力・演奏力・エンタテインメント性すべてが揃ったとんでもないバンドのライブが年に1、2度しか見られないなんて…という気持ちと、その頻度でもライブしてくれるだけでありがたいaCKy長生きしておくれという気持ちでいっぱいになる。

遠のく春の日

f:id:Vanity73:20170429203024j:image

3月から欠かさず飲んでいるアレグラの効きが良くて、自分が花粉症であることなどすっかり忘れたような気分でいたのですが、こうなると今度はいつまで薬を飲めばよいのかわからなくなってしまった。花粉って毎年どのくらいまで飛んでいただろうか。ゴールデンウィーク明けくらい?最近はブタクサやら何やら夏にもムズムズと気配がするので困ってしまう。それにしても、体質に合っているのか朝1錠のめばくしゃみも出ないし眠くもならないしとても優秀だ。最近気になるひとが何か漢方的なお茶を飲んでいるせいか花粉の症状が出ないと話していて、会話するチャンスだったのに緊張のせいで「ほぉ〜」とアホみたいな返事しかできなかったことが心残りです。なんか、電車とか街の中でばったり会えたりしたら良いのにとこの頃はいつも考えている。帰り道が違うなら、同じにしちゃえば良いんだけどそれもできなくて、きっと、これは恋ではない。

4月23日、日比谷野外大音楽堂にてceroのワンマンライブoutdoors。バイト終わりに駆けつけたので「Yellow Magus」あたりから見られました。おそらく日が落ちる時間を見込んで演奏されたであろうムード満点の「FALLIN'」やVIDEOTAPEMUSICをVJに迎えての「夜去」「Narcolepsy Driver」などなどこれまでの曲もさることながら、終盤にかけて披露された新曲群の素晴らしさたるや、ceroは一体どこまでいくのだ!と興奮せずにはいられなかった。MODERN STEP TOURからの新編成で加わった小田朋美(シンセサイザー)、角銅真実(パーカッション)の存在がやはりとても大きくて、DCPRGを思わせる複雑かつ狂騒的な演奏とこれまでceroが築き上げてきたポップや詩情、音楽的な豊かさが融合してとんでもないことになっている。本編の最後に披露された新曲で、波の音を響かせながら退場していくceroの格好良さに痺れた。「街の報せ」と「大停電の夜に」で余韻を残すアンコールもとても好きでした。照明が落ちたステージに響くコーラスの美しさ。 複雑であるのに軽やかで取っつきやすくて、なおかつ〈普通の会話を愛している〉というラインを響かせることができるのは、もう本当に凄いことだしceroにしかできないことだ。マジ格好良いです。演奏は格好良くて、MCになった途端に雰囲気がふにゃふにゃになるところとかも愛おしすぎますね。

www.tvk-yokohama.com

三浦直之脚本、松本壮史演出、江本祐介音楽という最強の布陣のドラマ『デリバリーお姉さんNEO』1話とても良かった。もはや三浦節、松本節、江本節とでも呼びたくなるようなそれぞれの個性が心地よく炸裂している。レンタルお姉さんふたりとも可愛いし、島田桃子さんの声や佇まいの良さもフルに発揮されていた。誰かを好きでい続ける気持ちをこんなに爽やかに可愛らしく素敵に肯定してくれる作家って意外と他にいないな、と最近思う。キラキラしているけど、不思議とそれだけではない哀しみや儚さも内包しているのも好き。

5月2日、帰りに井の頭公園でロロの『パークス・イン・ザ・パーク』が観れることと、明日から連休なことが嬉しくて、昨晩の『キングちゃん』を観ながら髪を巻いたりした。キングちゃんのフリースタイルバトル、感動的に面白かった。芸人が各々の力を発揮できるうえに、そこから更にポテンシャルを引き出す番組の采配という完璧な構図。ストレスなく笑えるの本当に最高なのでずっと続いて欲しい。

f:id:Vanity73:20170502212932j:image

井の頭公園の競技場に特設されたテントで行われたロロの『パークス・イン・ザ・パーク』。スピンオフのもととなった瀬田なつき監督の映画『PARKS』は未見なのですが、問題なく楽しめました。これを観たからには映画も観ねばな。ステージにはベンチがふたつ。開演前にロロ主宰の三浦さんがピンク色の紙吹雪を撒いている。オレンジ色の照明に照らされるととても綺麗なその紙吹雪が後々大変なことになってしまうことはまだ知る由もなかった…笑

テントの外から客席まで縦横無尽に使って、時間を軽々と超えてみせる演出が楽しい。テントということで本筋とは無関係のアングラ演劇のトレースや、観客総出で花びらに見立てた紙吹雪を拾い集める遊び心も野外イベントならではで、時間の共有や体験という側面が大きい公演でした。子どもの声や犬の鳴き声がまざったり、三浦さんが撒いた花びらが多すぎて終演後にも拾い集める光景も、この日限りの特別な瞬間だった。

f:id:Vanity73:20170502220905j:image

ふんわりとした気持ちのまま思ったよりも暗い井の頭公園を抜けて吉祥寺の町へ出た。井の頭公園ってもっと賑やかな場所というイメージがあったけれど、場所によってはとても静かで閑散としている。吉祥寺方面から行くと入り口にある和歌水という宿、渋いなと思って眺めていたら休憩の文字と奥の入り口にネオンが見えて俄然興味がわいた。入ってみたい。

f:id:Vanity73:20170502220120j:image

ゆりあぺむぺるで夕食。最近コーヒーが飲めるようになって喫茶店に入ることが多くなった。まだ21時前だったので少しふらふらとして電車に乗る。定期券を買ったりしていたらなけなしの貯蓄がなくなって来月のお給料日までスッカラカンなのであまり遊んでいなかったけれど、せっかく都内に勤めているのだから時間に余裕があるときはもっとうろうろしてもいいのだな。お給料が入ったらレコードプレーヤーを買うんだ〜とずっと思っているのに、気付けばお札がチケットに変わってしまう。

f:id:Vanity73:20170503204034j:image

5月3日、ゴールデンウィークの1日目はドライブへ出かけた。目的地は神奈川県平塚市にあるPEPPER'Sドライブイン。富士山が見える田舎道を走ると突如現れるアメリカンでイカした建物。大変にフォトジェニックで写真では派手に見えるけれど実際にみると落ち着いていて周りの風景から意外と浮いていない。

f:id:Vanity73:20170504172103j:image

赤いエナメルラメのソファが可愛い店内に所狭しと陳列されたBIGBOY、スヌーピー、ディズニー、プレスリーetc...自分自身がその筋のマニアでなくてもテンションが上がる。こういう趣味に忠実な喫茶店なり雑貨屋は収集癖のある人間の夢ですよね。

f:id:Vanity73:20170504172655j:image

湘南、鎌倉を流しながらアウトレットに寄って、川崎の工業地帯と横浜の夜景を眺めながら帰路についた。うまいこと渋滞にもはまらずに快適で、田舎者のロールモデルのようなドライブ。楽しかった。ちょうど22時前に家に帰り着いて『水曜日のダウンタウン』の早弁先生を観て涙を流しながら笑った。とろサーモン久保田もすごいし、バイきんぐ西村さんが林檎を頬張ったりカニを持って歩いている絵面だけで幸せな気持ちになっちゃう。水曜日のダウンタウンが毎週のように最高の西村さんをお届けしてくれるので最高。

www.hibana-netflix.jp

5月4日、撮り溜めていたNetflix制作のドラマ『火花』を最後まで観た。最終話のスパークスの漫才で嗚咽するほど泣いてしまった。真樹(門脇麦)の「あほんだら」でも泣いた。徳永(林遣都)と神谷(波岡一喜)のことこんなに好きになるなんて。映像の質感、カメラワーク、俳優たちの演技、漫才、表情すべてが切実ですさまじくてフィクションであることを忘れそうになるくらい没入して観た。映像で語るってこういうことだ、というショットの連続。これからのドラマにとって希望のような作品だ。原作を読んだときは正直ピンときていなくてこれを漫才やコントで表現できたら格好良いのになと身も蓋もないことを思ってしまったけれど、ドラマを観たらあの年月や歩き続けた時間は絶対に必要だし、原作の余白がドラマの豊かさを生んだのかなと思うと、こんなに素晴らしい映像化って他にないんじゃないかというくらい。大好きだー

f:id:Vanity73:20170505151625j:image

特に予定もないので溜まっているラジオをタイムフリーで聞きながら部屋の模様替えをする。雑誌を綺麗に収納したくて使っていなかった棚を他の部屋から持ってきたのだけれど、ものが増えて余計に収集がつかなくなってしまった。大きなものを運んだり細々したものをバラ撒いたりしていたら疲れてしまって、2時間ほどうたた寝。午前中に『火花』で号泣したので目も重たい。次の日も引き続き模様替え。片付いたような余計に散らかったような。束の間の3連休が終わり、またアルバイト。1ヶ月が経って出来るようになったことと苦手なことが見えてきて、もうそろそろ新人でもなくなってきた。大きな失敗はいまのところしていないけれど、契約更新できなかったらどうしようという不安感がじわじわと。どこにいてもなにをしても常に自分はなにもできないという感覚に苛まれているけれど、「できている」と慢心するよりはマシかなと思って不安感と付き合っている。死ぬまで一生、これでいいのか不安なままのような気がする。そして、こんなときに観る『ひよっこ』が沁みて沁みて仕方ない。1週目以降なんとなく観ていなかったのだけれども、良い評判を聞くのであわてて先週から見始めた。おかっぱ眼鏡の澄子ちゃん、可愛すぎませんか。あのキュートにもほどがある寝顔。目元は吉岡里帆っぽくて、ちゅんと先のとがった鼻と上唇はのんちゃんにも似てる。最強じゃん…思えば、大学に入りたてなうえに交際していたひとにフラれ不安定の絶頂期だった2013年の4月には『あまちゃん』に毎日支えられていたのだった。いまの私には『ひよっこ』と『やすらぎの郷』と『デリバリーお姉さんNEO』がある。

f:id:Vanity73:20170505150939j:image

はる

f:id:Vanity73:20170419213218j:image

桜が散ってすっかり新緑に姿を変えたここ数日、汗ばむ陽気が続いていて春物を通り越して夏物の服を引っ張り出している。とはいえ、夜はそれなりに肌寒いので難しい。必殺技の夏物onカーディガンを繰り出しまくっている。

新しいアルバイトにも少しずつ慣れて、雰囲気や身の振り方もなんとなく掴めてきた。それと同時に徐々にポンコツと愚鈍が露呈してきて、帰りの電車で頭を抱えることもあるけれど些細なことは引きずらなくなった。背筋を伸ばして頑張りたいし、出来ることならずっとここにいたいなあと思うくらい良い環境で、自分の選択が間違っていなかったことにもホッとしている。仕事に慣れると今度は対人関係が気になり出して、油断するとちょいちょいイヤ〜な人間性が出ちゃうので気を引き締なければ。いままで人間関係を極力サボってきたので、打ち解けることと馴れ馴れしさの違いや塩梅が分からない。こんなにも迎え入れてくれる環境が本当にありがたくて、私もこの先こんな風に誰かを迎え入れることができたならと思うくらいだ。「嫌われたくない」という感情が果たして良いものか悩ましいものだけれど、そう思ってしまうのだから仕方ない。うまくやれているのかなあ。

f:id:Vanity73:20170419214006j:image

大学4年生のときは週3の授業で、一年の半分以上おやすみという体たらくだったので週休2日の感覚が新鮮ですらある。あっという間に終わっていく。先々週のお休みはコンタクトレンズを作って浅草でお花見をして、次の日は友人とデイミアン・チャゼル監督『LA LA LAND』を観に行った。いままで必要なときだけ眼鏡を使っていたのだけれど、バイト中にもないと少し辛いのでこの際にと初コンタクトレンズ。折角なのでディファインタイプにした。もともと黒目は小さめだったので最初のうちは黒目が1.5倍くらいに大きくなってきもちわるく似合っているとも思えなかったのが、今では無いとちょっと抜けてる印象になってしまっておそろしい。ディファインのコンタクトを着けている自分に対する自意識もさっさとどこかへ行ってしまった。

『LA LA LAND』を観るのは実は2回目で、狂おしいほど好きでも憎らしいほど嫌いでもないという感想は変わらず、冒頭のミアと女の子たちのミュージカルシーンが一番好きです。ちょうど『ゴッドタン』マジ歌LIVEダイジェストでの劇団ひとり渾身のLA LA LANDパロディを観たばかりだったのも良いタイミング。ジャズもミュージカルも門外漢なもので菊地成孔によるキレキレの批評も面白く読んだのですが、同じRealSoundの連載で菊地さんが激賞していたパク・チャヌク監督『お嬢さん』を先月に観て、それはそれはもう面白くて忘れられない映画となりました。中盤での秀子とスッキのシーンのカタルシス、私にとってはあまちゃん紅白でアキとユイがNHKホールに並んだときに匹敵するくらい強烈で感動的で涙がこぼれた。生涯ベストに入るくらい好きな映画です。

f:id:Vanity73:20170420010423j:image

先週は横浜は長者町、ふぞろいの人妻たちのお向かいにある映画館シネマリンでエドワード・ヤン監督『牯嶺街少年殺人事件』デジタルリマスターを観た。フラストレーションや機微という言葉ではまったく太刀打ちできない4時間。手にしては消えていく光と深い闇を映しとったスクリーン以上に雄弁なものはなにもない。という感じで、観てよかったな。小明、登場シーンのポーズからすでに魅力があふれてて一瞬たりとも目が離せない。早く彼女がスクリーンに現れないかなと思いながら観ていた。

映画を観た後は伊勢佐木町、曙町、野毛を散策した。風俗街、コリアンタウン、呑み屋街がひしめくこの周辺の雑多な風景がとても好きで定期的に訪れたくなる。私にとってはほぼ異世界である風俗店やラブホテルのゴージャスな外観と看板が好きで好きでたまらないので、歩いているだけでテンションが上がる。『ドキュメント72時間』に登場した24時間営業のとんかつ屋さんの前も通りがかった。お給料が入ったら食べに来ようかな。大岡川の桜が満開で、川にたくさんの花びらが浮かんでいてとても綺麗だった。

f:id:Vanity73:20170421182323j:image